ワイン > ベンティスケーロ レセルバ パイス・モスカテル 2017

[前の商品] [次の商品] >

ベンティスケーロ レセルバ パイス・モスカテル 2017

樹齢100年の古樹から造られるワイン

赤ブドウと白ブドウを混ぜた、フランスのコトー・ロティスタイルのワインです。
1,600年前後のコロンブスの頃に、最初に持ち込まれたチリの土着品種「スパイス」と「モスカテル」を使用し、沿岸地域マウレ・ヴァレーの立木仕立て樹齢100年の古樹のブドウから造られるワインです。
収獲は、すべて手摘み(収獲日:パイス:4月12日、ミュスカ:3月20日)の早朝、房単位で収獲されます。その後、ワイナリーで注意深く選別されます。
マウレ・ヴァレーは、成熟期間中、適度に高温だったことにより、エレガントなタンニンを得ることができます。また少し雨が降ったことにより、ブドウは収穫時に完璧な状態です。
マスト(ブドウ果汁)は、7日間低温で醸されます。発酵は、酵母の働きによって行われ、さまざまなアロマを最大限に引き出すために22度から26度で行われます。
発酵の後、8ヶ月間3年〜4年使用したフレンチオークで熟成させます。熟成のポテンシャルは、5年〜6年が理想と言われています。
紫帯びたルビー色。白い花の香り、チェリーやいちごのアロマを感じます。
味わいはまろやかでソフト、酸のバランスが良く飲みやすいです。心地よいタンニンを長く感じられます。
鴨肉やうさぎのような白身の肉、パスタやチーズとの相性が良いです。
■Ventisquero ベンティスケーロ■
 

「ベンティスケーロ」とはスペイン語で「氷河」の意味。氷河のクリーンなイメージと、自然環境からの恩恵を思わせることからその名がつけられました。
チリを代表するアンデスの最高区分に自社農場を複数所有し、精密な土壌調査によるそれぞれに最適な品種の栽培、さらに、同じ畑の中でも土壌の性格を把握しているマッピングを行い、区画単位でのきめ細かい栽培方法を実施し、品質管理しています。
ワイナリ‐を支える醸造スタッフにはチリの名醸造家であるフェリーぺ・トッソとオーストラリアの辣腕醸造家ジョン・デュバルを迎え、高品質なワインを造りだしています。

商品コード : 7758417
: 1,270
価格 : 1,397円(税込)
夏季冷蔵
ポイント : 14
数量
 

 ご購入金額が、8,000円(税抜き)以上は送料無料

お気に入り登録

商品についての問い合わせ

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません